イーサリアムエクスプレス、4万8千人のユーザーと供に、2件のパイロットプロジェクトをスタート

イーサリアムエクスプレス(Ethereum Express、以下EEX)は4万8千人以上のユーザーを受容できる2件のパイロットプロジェクトをスタートすると発表しました。プロジェクトは権限の照明(PoA)に基づいたイーサリアムエクスプレスのブロックチェーンを用いり、ビジネスプロセスの効率を高めます。

[イギリス・ロンドン、2019年11月25日(月)]コミュニティー中心の脱中央化エコシステムであるイーサリアムエクスプレス(Ethereum Express、以下 EEX)が開発とテストを一段と進めて、自社システムに基づいた最初の顧客社テストソリューションとして、2件のパイロットプロジェクトを公開しました。EEXの創業者はパイロットプロジェクトがブロック当たり1,000件のトランザクションを達成し、イーサリアムの1秒当たりの取引量である15TPS(秒当transactions per second)より速い、(1秒当たり)200TPSに達するネットワーク速度を記録したと発表しました。

第一のプロジェクトであるマイニング企業、マイニングエクスプレス(Mining Express)はエンドユーザーとのインタラクションを活性化するため、技術面で向上された実行しやすいソリューションを必要としました。EEXの技術ソリューションを用いる第二のプロジェクトはギャンブリング企業で、ユーザーのためより透明で理解しやすいオンラインプロセスを構築することを目標とします。ギャンブリング関係のトランザクションの規模が増えていくほど、より多い処理量と効率を備えたソリューションの必要性はさらに高くなっています。

マイニングエクスプレスは世界で5番目に規模が大きいマイニング企業で、パートナーネットワークの成長を導き、収益の大きい部分をマイニングの補完・拡張とアップグレードに投資することで持続的にマイニング能力を改善しています。マイニングエクスプレスはEEXと業務提携を結び、ブロックチェーンの運営能力に対するEEXの仮説のテストと分析のため自社のシステムを提供しました。

テストの結果はEEXの製品を改善し、一般ユーザーが高いマイニング装備を維持しなくても収益を得ることができる上、オンラインギャンブリングの透明性を引き上げるために使われました。

EEXは内部のエコシステムコインを実生活に適用するシナリオをローンチする段階にあります。当コインはゲームとマイニングの接続性を上げ、他のビジネス組織のためのバックアップ・グローバル暗号通貨を作るため製作されました。EEXはコインを使って2件のプロジェクトをプレームワーク内に適用してみることで、自社のエコシステムのビジネス仮説を複雑な実ビジネス環境でテストし、完成できます。

プロジェクトの予備分析を通じ、アメリカ、日本、ウクライナ、ブラジルなど世界の1万6千人以上のユーザーがこの2件のパイロットプロジェクトに参加できることを証明しました。全体のプロジェクト費用は5億ドルを超えます。

EEXの最高責任者(CEO)であるヴラド・ミラー(Vlad Miller)は“初顧客と2件のパイロットプロジェクトを一緒に始めることはEEXプロジェクトとコインはもちろん、ブロックチェーン環境全体にとってとても重要な進展です。個別ユーザーだけでなく、実際企業の需要に合わせて成長するため、このような技術進歩をイーサリアムブロックチェーンに導入することは必須です。ビジネス環境はブロックチェーン技術を必ず適用すべき分野であり、うちのプロジェクトがグローバルブロックチェーンの開発において先頭を占める技術を保有していることを見せます。”と述べました。

テストを成功的に終わらせたEEXチームは様々な企業との多様な規模の協定を通じ、他の産業領域へと拡大していく計画です。

イーサリアムエクスプレス(Ethereum Express、EEX)CEO、ヴラド・ミラー(Vlad Miller)

■イーサリアムエクスプレス(Ethereum Express、EEX)の紹介

ゲームとマイニングの接続の効率を高め、他のビジネス組織のためのグローバル・バックアップの暗号通貨を作るため構築されたオープン・プラットホーム。EEXはユーザーが多様な製品開発を管理し、収益を得られるよう自分のブロックチェーンをベースに運営する計画です。

ホームページ: https://ethereum-express.com