世界が認める前衛芸術家・草間彌生の人生を、アメリカ人女性監督ヘザー・レンズが捉えたドキュメンタリー!『草間彌生∞INFINITY』邦題決定&ビジュアル解禁!京都国際映画祭特別招待&監督来日も決定!

世界が認める前衛芸術家・草間彌生の人生を、
アメリカ人女性監督ヘザー・レンズが捉えたドキュメンタリー。

激動の1960年代ニューヨーク。彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ━ー。

11月22日(金)に開業する、
渋谷PARCO8階のミニシアター「WHITE CINE QUINTO」(ホワイト シネクイント)。
そのオープニング作品『KUSAMA:INFINITY』の邦題が
『草間彌生∞INFINITY』に決定いたしました!

70年以上にわたる芸術活動の中で、独自の芸術を表現し続け、
世界で最も有名な芸術家の1人となった草間彌生。
第2次世界大戦下の日本で暮らした過去、芸術への情熱を理解されなかった家庭環境、
芸術界における人種差別や性差別、自身の病など、
数々の困難を乗り越えながら様々な分野で輝かしい功績を残し、
今もなお創作活動に全てを捧げる人生を送る彼女。
幼少期からアメリカへ単身で渡るまで、そしてニューヨーク時代に苦悩しながら行った創作活動と、
当時それらの作品が国内外でどのように評価されたのか、
知られざる過去をアメリカ人女性監督、ヘザー・レンズが捉えたドキュメンタリー作品となっている。

本日9/24に、邦題決定と共に、ポスタービジュアルも解禁となりました!
解禁されたポスタービジュアルには、
「天才芸術家の知られざるドラマティックな人生」
「激動の1960年代ニューヨーク。彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ━。」のコピーと、
全体に散りばめられた赤い水玉、そして赤い水玉の服を着て正面を見据える草間彌生。
その横には「草間彌生」の大きな文字が配置され、
まさに彼女の人生を表しているようなインパクトの強いビジュアルに仕上がっている。

また、10月17日(木)から20日(日)の日程で開催される
京都国際映画祭での特別招待作品が決定し、ヘザー・レンズ監督の来日も併せて決定となりました。

<イントロダクション>

70年以上にわたり独自の芸術を表現し続け、
2016年にTIMES誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出された草間彌生氏。
そんな彼女がまだ無名だった頃、芸術家としての高みを目指し、単身で渡米。
本作で捉えるのは幼少期の芸術への目覚めから、アメリカへ移住するまでの日々。
そして激動の1960年代ニューヨークで苦悩しながら行った創作活動と、
当時それらの作品が国内外でどのように評価されたのか、ア
メリカで活動するアーティストへ与えた影響といった、草間氏の知られざる過去が映される。

<ヘザー・レンズ:監督・脚本・プロデューサー>

脚本家、映画監督、プロデューサーとして活動し、
主に類稀な人生を歩む人々に焦点を当てたドキュメンタリー映画や自伝映画を手掛ける。
ケント州立大学美術学部を卒業し、南カリフォルニア大学映画学部で美術学の修士を取得。
自転車発明家に焦点を当てた短編ドキュメンタリー映画『Back to Back』(01・日本未公開)は
学生アカデミー賞にノミネートされ、世界中の映画祭で上映された。
美術学生時代に草間の作品にはじめて触れ、一目見た瞬間から魅了される。
彼女について探求していく中で、15年に渡る草間のニューヨークでの創作活動が、
アメリカのアート界に及ぼした影響が見落とされていることに気が付く。
本作の企画を始めてから約10年。
レンズ自身も、草間彌生が世界で最も売れた女性アーティストになるとは思ってもいなかった。

監督:ヘザー・レンズ
脚本:へザー・レンズ、イデノケイタ
出演:草間彌生ほか
原題『KUSAMA: INFINITY』/2018年/アメリカ/76分/カラー/音声:5.1ch
(C) 2018 TOKYO LEE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:kusamayayoi-movie.jp
配給:パルコ
宣伝:ライトフィルム 宣伝協力:ブラウニー、プレイタイム