アメリカンピーナッツ協会(駐日事務所:東京都港区南青山、代表:天野いず美)は、株式会社ライフコーポレーションが運営する食料品を中心に取り扱うスーパーマーケット「ライフ(LIFE)」一部店舗にある、店内でアメリカ産ピーナッツを挽いたフレッシュなピーナッツバターを販売するコーナーにて、人気料理研究家の浜内千波先生監修の簡単に作れるピーナッツバター活用レシピ紹介POPを設置しました。

フレッシュなピーナッツバターを販売するコーナーにて簡単レシピを紹介

ピーナッツバターは、パンに塗って食べたり、お菓子作りの材料となるだけではなく、様々なお料理の“調味料”として広く活用できるお役立ちアイテムです。味の深みやコク、うまみをもたらす調味料として、和食・洋食・中華など、料理のジャンルを超えて使うことができ、料理の幅を広げ、味の変化も楽しめます。甘さも控えめで、ペースト状になっているため料理にも使いやすいのが特長です。

またピーナッツバターが、国民食ともいわれているアメリカでは、FDA(米国食品医薬品局)で原材料の90%以上にピーナッツを使用しているものだけをピーナッツバターと定義しており、食物繊維やミネラル、ビタミン類など、ピーナッツの豊富な栄養価を余すところなく摂取できる万能食材です。

今回ピーナッツバター活用レシピ紹介POPを設置いただいた、株式会社ライフコーポレーションが運営する、スーパーマーケット「ライフ(LIFE)」や、ナチュラルスーパー「BIO-RAL」の一部店舗では、店内でアメリカ産ピーナッツを挽いて作る、ピーナッツ100%のフレッシュなピーナッツバターが販売されています。株式会社ライフコーポレーションの秘書・広報部の小川啓氏によると、「昨今の健康意識の高まりもあり、店内で作るピーナッツバターがとても人気です。砂糖などが一切入っていないのでお好みに合わせて甘さを調節することもでき、さらに様々な料理にも活用できると多くのお客様にお買い求めいただけています。」とのことで、ピーナッツバターへの関心の高まりが窺えます。

本POPは、「ライフ 桜新町店(東京都・世田谷区)」、「ライフ セントラルスクエア押上駅前店(東京都・墨田区)」他、店内でアメリカ産ピーナッツを挽いたフレッシュなピーナッツバターを販売する一部店舗にて設置しております。

(※設置店舗については、変更する場合がございますので、ご了承ください)

ぜひ一度ピーナッツバターを手に取っていただき、ピーナッツバターを使ったお料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

人気料理研究家の浜内千波先生に考案いただいた、ピーナッツやピーナッツバターを使用した様々な簡単レシピは、当協会HPにて公開しています。(URL: https://peanutsusa.jp/collabo01/ )

ピーナッツバターを“調味料”に!浜内千波先生監修の簡単レシピ紹介POP

◆株式会社ライフコーポレーションについて

食料品を中心に取り扱うスーパーマーケット「ライフ(LIFE)」を首都圏1都3県、近畿圏2府2県に283店舗展開しています(2021年9月末時点)。2021年には創業60周年を迎え、お客様にお買い物を通じて「おいしい」「ワクワク」「ハッピー」を届け続けています。

公式サイト: http://www.lifecorp.jp/

◆レシピ考案:浜内千波先生(ファミリークッキングスクール主宰)

浜内千波先生

徳島県生まれ。大学卒業後、OLを経て岡松料理研究所へ入所。1980年ファミリークッキングスクールを開校。「料理は、もっともっと夢のある楽しいもの」をモットーに、雑誌や書籍をはじめ、テレビ、ラジオ、講演会、各種の料理イベントで活躍中。自身の経験をもとに考案したダイエットメニュー、野菜料理は特に定評があり、主宰の料理教室では「家族の健康」「笑顔のある会話」に役立つ家庭料理を教えている。

◆アメリカンピーナッツ協会(APC)について

アメリカンピーナッツ協会は、米国のピーナッツ産業の長期的成長を支援するため設立されました。米国産ピーナッツの品質管理や国際的な消費促進、生産・加工に関する研究促進を使命として、国内外でのマーケティング、PR活動、顧客サービス、研究を主な活動としています。

公式サイト: https://peanutsusa.jp/

Facebook : https://www.facebook.com/peanutusajapan/

Instagram : @american_peanut_japan