仙台地域の事業者が魅力溢れる地域産品でおもてなし。今年初!コロナに打ち勝つ!様々な地域産品発掘!

 仙台市では、新型コロナウイルス感染症の影響によって売り上げが大きく減少している地域産品等の販売や販路拡大支援のため、地域ブランド「都の杜・仙台」の参画事業者を中心とした商品の販売会を開催します。
 自然溢れる仙台エリアで作られたワインや、宝石のようにキラキラ美しいスイーツ、12年に一度の丑年にお届けする仙台牛の旨味がギュウッと詰まった生ハム・コンビーフ、さらには東北最大級のお祭り「仙台七夕」をテーマにした商品等、多彩な新しい産品を集めました。

 ぜひ、足をお運びください。


イベントポスター
イベントポスター

<詳細>

1 日時  2月18日(木)~24日(水)10時~19時 *初日は11時から

2 会場  JR仙台駅2階 東西自由通路「杜の陽だまりガレリア」

3 内容
 「都の杜・仙台」に参画する事業者のブース、仙台エリアの多彩な産品を集めたブースをそれぞれ設置し、合わせて10事業者が出店し仙台地域の名産品を販売します。また、特別企画として、ワイン、日本酒、蜂蜜等人気の高い「都の杜・仙台」のセレクト商品もご用意しています。
(1)「都の杜・仙台」ブース
ENN(藍染のバック、財布等)、菅野食品(味よしラーメン、ずんだもち等)、TOKIO&SALLY‘S(仙台牛の生ハム、コンビーフ等)、ミティーク(レアチーズケーキ(ブルージュエル)、タルト等)、まちくる仙台(シフォンケーキ、ジャム等の店舗が日替わりで出店)、都の杜・仙台セレクト商品(ワイン、日本酒、蜂蜜等)
(2)仙台のいいものブース
秋保ワイナリー(ワイン、シードル等)、花兄園(プリン、シフォンケーキ等)、三陸いしのまきカイタク商店(金華さば水煮、鯨大和煮等)、華ずし(さばずし、エビずし等)、ムッシュ・マスノアルパジョン(シューラスク、とろけるクッキー等)

※都の杜・仙台
仙台圏域の経済活性化を目的に、平成30年度から31年度に実施した「地域ブランド構築事業」において、株式会社藤崎との連携協定のもと立ち上げた地域ブランド。地域産品のブランディングと販路開拓を目指し、令和元年5月のデビューフェアを皮切りに、首都圏や市内で販売会を開催。令和2年11月にはECサイトを開設。事業者は参画登録制となっており、現在は84社が登録している。


令和2年12月の販売会の様子
令和2年12月の販売会の様子

令和2年12月の販売会の様子
令和2年12月の販売会の様子