ゲーマー向けライフスタイルにおける世界のリーディングブランドのRazer(TM)(本社:米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼CEO:Min-Liang Tan)は下記商品を2021年1月29日(金)に日本国内で発売することを決定いたしました。

●Razer BlackWidow V3 Quartz Pink – Green Switch(英語配列)

(読み方:レイザー ブラックウィドウ ブイスリー クォーツピンク グリーンスイッチ(英語配列)、税抜希望小売価格 17,255円)

●Razer Base Station V2 Chroma Mercury White

(読み方:レイザー ベースステーション ブイツー クローマ マーキュリーホワイト、税抜希望小売価格 9,073円)

●Razer Base Station V2 Chroma Quartz Pink

(読み方:レイザー ベースステーション ブイツー クローマ クォーツピンク、税抜希望小売価格 9,073円)

また、昨年10月に数量限定で発売したDeathAdder V2 Pro チャージングドックバンドルはお買い求めいただけなかった多くのユーザー様より再販売を熱望され、2021年1月29日より通常のお取り扱いになります。

●Razer DeathAdder V2 Pro チャージングドックバンドル

(読み方:レイザー デスアダー ブイツー プロ チャージングドックバンドル、税抜希望小売価格 17,255円)

上記の商品はRazer社の国内正規流通代理店MSY株式会社を通じて、全国の家電量販店、PCショップ、オンラインショップ等で販売いたします。

■Razer BlackWidow V3について

Razer Black Widow V3 Quartz Pink

人気ゲーミングキーボードBlackWidowシリーズの最新モデルのBlackWidow V3 がクォーツピンクで登場です。

改良されたRazerメカニカルスイッチには新たにクリアハウジングを採用し、RGB ライティングの明度を高め、Razer Chroma(TM) RGBの素晴らしい機能を表現するのに最適です。アップグレードされたダブルショットABSキーキャップは、ダブルショット射出成形によりラベルが摩損することもなく、キーウォールもより一層厚みがあるため、8,000万回のキーストロークの耐久性があり、長時間のご利用にも十分に耐える優れた強度を備えています。

アルミ製フレームで日常的なご利用にも耐える頑丈な設計で、すっきりとしたマット仕上げになっております。マルチファンクション ローラーホイールとメディアキーによる究極の利便性でエンターテイメントをお楽しみいただけます。

また、頑丈なエルゴノミックリストレストは、キーボードにぴったり沿わせて手首にかかる圧力を和らげるように配置できるため、長時間のご利用でも疲れを軽減してくれます。ケーブル配線も3方向へと引き出せるため、すっきりとしたデスク環境の構築が可能です。また、クォーツピンクは英語配列のみのお取り扱いになります。

BlackWidow V3の詳細について https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-blackwidow-v3 をご覧ください。

Razer Black Widow V3 Quartz Pink の仕様は、( https://www.atpress.ne.jp/releases/243591/att_243591_1.pdf )をご覧ください。

■Razer Base Station V2 Chromaについて

Base Station V2 Chroma(左から:ブラック・マーキュリーホワイト・クォーツピンク)

昨年11月に発売をしたBase Station V2 Chroma ブラックに続き、2021年はマーキュリーホワイト、クォーツピンクを発売いたします。Base Station V2 Chromaはゲーミングアイテムや周辺機器を接続できる、デスク環境に必須のアイテムです。Razer Chroma RGB 対応USB ハブはヘッドセットスタンドでありながら、7.1 サラウンドサウンドをサポートする3.5mm 複合ポートも新しく追加されています。

高さを長くしたスマートで金属製のデザインのため、大きなヘッドセットをかけることができ、安定感のあるベースです。

またRazer製品の設定をカスタマイズできる独自のソフトウェアRazer Synapse 3を介して1,680万色とエフェクトのコレクションから選択してカスタマイズしたり、セットアップした環境を同期して100以上の対応ゲームでのプレイ時に反応するダイナミックなライティングエフェクトも体験できます。

Razer Base Station V2 Chromaの詳細について https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-accessories/razer-base-station-v2-chroma をご覧ください。

Razer Base Station V2 Chromaの仕様は、( https://www.atpress.ne.jp/releases/243591/att_243591_2.pdf )をご覧ください。

■Razer DeathAdder V2 Proについて

Razer DeathAdder V2 Pro

世界のPCゲーマーを虜にし続け、世界シリーズ累計販売台数1,000万台を突破したDeathAdderシリーズのワイヤレスゲーミングマウス DeathAdder V2 Proとチャージングドックがバンドル(同梱)された商品を多くのユーザー様のリクエストに応え、数量限定から通常のお取り扱いをする運びとなりました。

世界を舞台に活躍しているeスポーツ選手からも絶大な信用を得ているDeathAdderシリーズ待望のワイヤレスモデルは、象徴的なエルゴノミクス形状を維持しながらも、他社のワイヤレスゲーミング技術よりも25%高速です。デバイスとPC間のデータ送信速度を短縮させた業界をリードする2.4GHzワイヤレス接続のRazer(TM) HyperSpeed Wirelessを搭載し、より素早い操作を可能にし、ゲームプレイを向上させます。

88gと軽量なワイヤレスゲーミングマウスのDeathAdder V2 Proは3つの接続モードがあり、ブルートゥース接続モード(最大120時間使用可能)、Razer HyperSpeed Wireless接続モード(最大70時間使用可能)、または Razer(TM) Speedflex ケーブルでマウスを充電しながらゲームプレイをお楽しみいただけます。

また、DeathAdder V2 Proから採用された第2世代 Razer(TM) オプティカルマウススイッチはタクタイル感が向上したため、快適なクリック感で誤クリックを招くことなく、よりきめ細かなコントロール性能と滑らかな操作を実感できます。約7,000万回の耐クリック回数はゲーミングマウスで最も高い耐久性です。

DeathAdder V2 Proはボタンの割り当てや設定のカスタマイズに必須なソフトウェア、Razer Synapse 3に対応しており、オンボードメモリに5つのプロファイルが保存でき、いつでもどこでもアクセスが可能です。また同ソフトウェアを利用し、各ボタンのマッピングやマクロ、ライティング効果などの設定もお楽しみいただけます。

また、DeathAdder V2 Proはマウス単体、またはRazer DeathAdder V2 Pro チャージングドックバンドルの2種類ご用意がございます。

DeathAdder V2 Proの詳細はこちらをご覧ください:

https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-mice/razer-deathadder-v2-pro

DeathAdder V2 Proの仕様は、( https://www.atpress.ne.jp/releases/243591/att_243591_3.pdf )をご覧ください。

■Razerについて

Razer(TM)はゲーマー向けライフスタイルにおける世界のリーディングブランドです。Razerのトリプルヘッド・スネーク(THS)の商標は世界中のゲーミングおよびeスポーツコミュニティで最も認知されたロゴのひとつです。すべての大陸にファン層を持つRazer社はハードウェアやソフトウェア、サービスなどを基幹とする世界で最も大きなゲーマー向けエコシステムを独自に設計・構築しています。Razerは高性能ゲーミング周辺機器やBladeゲーミングノートPCなど、数々の受賞歴を誇るハードウェアを多数提供しています。

さらにRazer Synapse(IoTプラットフォーム)やRazer Chroma(独自のRGBライティングテクノロジーシステム)、Razer Cortex(ゲームオプティマイザーおよびランチャー)をはじめとするRazerのソフトウェアプラットフォームは1億人以上のユーザーが利用しています。Razerの展開するサービスでは、世界最大規模のゲーマー向け仮想クレジットサービスRazer Goldがあり、また、Razer Fintechは、東南アジア最大規模のオンライン・オフラインデジタルペイメントネットワークです。2005年に創立されたRazerは現在、アーバイン(カリフォルニア州)とシンガポールの両方に本拠地を置き、世界17ヵ所にオフィスがあり、米国、ヨーロッパ、中国でトップゲーミングブランドとして認知されています。また、同社は香港株式市場に上場しています(銘柄コード:1337)。詳細は、 http://www.razer.com/about-razer をご覧ください。

* (C) 2020 Razer Inc. All rights reserved.

* 仕様、および、デザインは予告なしに変更される場合があります。

* 本リリースに掲載した写真は実際の製品とは多少異なる場合があります。

* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

<Razer社公式リンク>

Razer日本公式サイト    : http://www.razer.com/jp-jp/

RazerJP Twitter アカウント: http://www.twitter.com/razerjp

Razer – For Gamers. By Gamers.(TM)

# # #