EDAC監修の防災支援システム、新しい防災訓練の自治体での取り組みが読売新聞に取り上げられました。

 一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック]) が監修した、2018年に熊本県南小国町が導入した防災支援システムの活用について、および埼玉県上尾市にて実施した自治体・消防向けのコロナ禍のオンライン防災訓練=「新しい防災訓練」の様子が読売新聞 9月25日夕刊に掲載されました。

提供:読売新聞社
提供:読売新聞社
■ 最新ICT(情報通信技術)を用いた防災支援システム
■ 熊本県南小国町の九州豪雨被害調査の事例

本記事では、災害の被害状況などを最新ICT(情報通信技術)で迅速に把握できるシステムとして、EDAC監修の防災システム(Hec-Eye)を取り上げていただきました。
Hec-Eyeを導入することで、災害対応のスピードアップに加え、被害状況を関係機関とオンラインで共有することができます。これにより、対策本部の「密」を避けることができ、新型コロナウイルス対策としても期待できます。

具体的な事例として、本記事では熊本県南小国町の九州豪雨被害調査について取材いただきました。

■ コロナ禍のオンライン防災訓練=「新しい防災訓練」
■ 埼玉県上尾市、岩手県一戸町での事例
EDACの推進する自治体・消防向けのコロナ禍のオンライン防災訓練=「新しい防災訓練」について、埼玉県上尾市及び岩手県一戸町の防災訓練活用の様子を取材いただきました。

この他にも、本記事では近年の政府の災害対応に関するICT活用方針など、複数の視点から災害対応へのICT活用についてまとめられています。


【熊本県南小国町にて導入 Hec-Eyeについて】

「Hec-Eye」は株式会社リアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。
「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。
《Hec-Eyeに関するお問い合わせ》
Hec-Eyeに関するご相談や導入、代理店販売、セミナー依頼等に関するお問合せは、以下の窓口までお願いいたします。
株式会社リアルグローブ Hec-Eye問合窓口
■電話 :03-6380-9372
■メール:pr@realglobe.jp


【新しい防災訓練】

EDACでは、これまでも全国の自治体の防災訓練のサポートを行ってきました。
ドローンやスマートフォン等の各種IoT機器から取得してきた情報を地図画面上に集約して遠隔から確認できるリモート情報共有プラットフォーム「Hec-Eye(ヘックアイ)」を用い、現場の情報を本部や各地に映像伝送することで、災害対応のリモート化を実現しています。

コロナ禍における防災訓練、つまり新しい防災訓練は、有事における災害対応のリモート化=「新しい災害訓練」を可能にします。

【新しい防災訓練サポート】

これまでドローンを活用したことがない団体や保有していない団体でも機材やシステム含め全てEDACからご提供いたします。また必要に応じて訓練当日にはドローンパイロットと訓練実施をサポートするスタッフを派遣いたします。

※企画や運営サポート、機材・システムのレンタルは全て無償です。ただし、移動交通費のみご負担いただく場合がございます。

コロナ禍での防災訓練をご検討の自治体・消防関係者様については、無償での実施サポートを行いますので、是非お問合せ下さい。

【お問い合わせ先】

■EDAC事務局
担当 :丸亀(まるがめ)
電話 : 03-5413-7398 / 070-1001-1178
メール: info@edac.jp


【好評発売中】
「11名のドローン識者に聞いた with / after コロナ時代のドローン新活用」 を緊急出版
https://edac.jp/covid/lp.html


【EDACについて】

団体名     :一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等
         自動支援システム活用推進協議会(通称:EDAC)
所在地     :〒101-0061
         東京都千代田区神田三崎町2-20-4 八木ビル201号 EDAC窓口
代表者     :稲田 悠樹
URL       :https://www.edac.jp/