コロナ禍で変わる人生観 人生をより良く生き抜くためのヒントは、誰もが必ず行く“あの場所”にあった!?「あの世の社会科見学」(竹書房)7月9日発売

ステイホームで社会科見学!

「リアル風俗嬢日記」「ボクんち事故物件」「汚部屋掃除人が語る命が危ない部屋」など、普段なかなか接することのない世界の話を多く作品化していることで話題の、竹書房のコミックエッセイシリーズより、誰もが気になる死後の世界をテーマにした「あの世の社会科見学」が、「ダンナさまは幽霊」シリーズ*(イースト・プレス)の流光七奈の協力で単行本化されました。漫画は、無類の心霊好きの安斎 かなえが担当。

「あの世の社会科見学」表紙

世界的なコロナ禍で、先行きが見えず不安な日々が続いていますが、この状況だからこそ、人々の間で新たな価値観・人生観が生まれています。人生について考えるにあたっては、仕事や生活・家庭・将来の目標など、様々な角度からのアプローチ法がありますが、“あの世”を知ることで、今“この世”をより良く生き抜くためのヒントが見つかるかもしれません。

【STORY】

人は死んだら幽霊になるの?死後の世界は本当にあるの?成仏ってなに?死んだ先には何が待っているの!?いずれ行くところなんだし、いろいろ知りたい!と興味津々の漫画家安斎かなえと、担当編集サトーが、流光七奈の案内で“あの世”を社会科見学!流光七奈の亡き夫・ハカセや、その他“あの世”の住人たちに聞いた、摩訶不思議で面白おかしいあの世の話が満載!

・自分の人生、なんでこんな状態なの?

・あの人の人生は、なんであんなに恵まれているの?(自分はこんなに苦労しているのに!)

・死んだら人は、どうなるの?

・ズバリ、“あの世”ってどんなところ?

・輪廻転成の“システム”とは?

・“地獄”の正体

・“死神”の役割

・自殺はなぜ(絶対に)いけないのか。

・“この世”での課題とは??

…などなど。

【書籍概要】

書籍名 : 「あの世の社会科見学」(竹書房)

協力  : 流光七奈

著者  : 安斎 かなえ

価格  : 1,100円(税込)

ISBN-10: 4801923267・ISBN-13:978-4801923263

Amazon : https://www.amazon.co.jp/dp/4801923267

【*「ダンナさまは幽霊」シリーズについて】

亡き夫・ハカセと、この世に残された妻・七奈が送る、あの世とこの世のお話あれこれ。亡くなってからあの世へ旅立つまで・あの世での暮らし・この世で残された者の人生にそれぞれフォーカスした3作が既出。シリーズファイナルとなる4作目は今秋出版予定。