MSI、AMD Navi世代の独自設計オーバークロックモデル「Radeon RX 5700 XT EVOKE OC」を発売

2019年8月20日 – Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市 – グラフィックスカード市場において、その性能の高さと品質で人気を誇るMicro-Star International(MSI)は、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャ“RDNA”を採用した、開発コードネーム“Navi”で知られる「Radeon RX 5700シリーズ」搭載グラフィックスカードに、MSI独自設計基板と冷却機構の採用により、オーバークロック性能を追求した「Radeon RX 5700 XT EVOKE OC」を追加、8月23日より販売を開始いたします。市場想定価格(税別)は、52,800円です。



Radeon RX 5700 XTは、TSMCの7nmプロセス技術を採用するとともに、GPUアーキテクチャをRDNAアーキテクチャに刷新し、クロックあたりの性能を向上させるとともに電力効率を向上。さらに、より高クロックな動作を可能にすることで、ゲームパフォーマンスを大幅に向上させています。このRadeon RX 5700 XTは、2560基のストリーミングプロセッサを統合し、256bit GDDR6メモリインターフェースに14Gbpsのメモリ帯域を実現する8GBのグラフィックスメモリを搭載。また、世界初のPCI Express 4.0 x16対応を果たし、第3世代のAMD RyzenプロセッサおよびAMD X570プラットフォームと組み合わせることで、GPUの性能を最大限引き出すことができます。

Radeon RX 5700 XT EVOKE OCは、MSI独自設計基板を採用するとともに、冷却機構にトルクスファン 3.0を2基搭載するデュアルファン機構を採用することにより、安定したオーバークロック動作を実現しました。トルクスファン3.0は、分散型ファンブレードのひねりをさらに大きくすることでエアフローを加速し、冷却効率を向上させるとともに、従来型ファンブレードが大型ヒートシンクへのエアフローと空気の拡散を最大化、GPUやメモリ、電源回路の冷却性を高めています。これにより本製品では、ベースクロック1690MHz、ゲームクロック 1835Hz、ブーストクロック1945Hzと、リファレンスモデルから大幅な高速動作を実現しています。また、GPUの温度が60以下の状態では、ファンの動作を停止するZero Frozrにも対応します。

また、本製品は、MSIのオールインワンセットアップツールであるDragon Centerに、クリエイティブアプリケーションに自動的に最適化するCreator Modeを備え、ゲームだけでなくクリエイティブ用途でもすぐれたパフォーマンスを実現します。ディスプレイ出力には、HDMI 2.0b×1とDisplay Port 1.4×3を備え、最大4画面出力と2-Way AMD CrossFireに対応。また、AMD独自の画面同期技術であるAMD FreeSyncテクノロジーにも対応しているほか、MSI独自ユーリティティのAfterburnerによって、システム環境に応じて、さらなるオーバークロックを試みることも可能です。

本製品の主な仕様は以下のとおりです。

【主な仕様】


【製品情報】
Radeon RX 5700 XT EVOKE OC
https://jp.msi.com/Graphics-card/Radeon-RX-5700-XT-EVOKE-OC

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/

MSIについて
MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、ゲーミング業界とeSports業界からもっとも信頼されているベンダーの一社です。MSIは、デザインの革新性、卓越した性能の追求、そして技術のイノベーションという基本原則に則り行動しています。すべてのゲーマーが熱望する機能を統合した製品を開発することで、ゲーミング機器に対する長い試行錯誤から解放し、ゲーマーの限界をも超えるパフォーマンス向上に貢献します。過去の実績をも乗り越えようという決意のもと、MSIは業界の中でもゲーミングスピリットをもった「真のゲーミング(True Gaming)」ブランドであり続けます。