セーリングワールドカップシリーズ江の島⼤会の中⽌について

 平素より公益財団法⼈⽇本セーリング連盟への深いご理解とご⽀援に厚く御礼申し上げます。

 

 ご承知の通り、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流⾏拡⼤を受け、東京2020⼤会が来年まで延期されることとなりました。この決定を受け、当連盟は、本年6 ⽉に予定されておりましたセーリングワールドカップシリーズ江の島⼤会について、共催するワールドセーリング(国際競技団体)と緊急の電話会談を実施いたしました。そして、当連盟及びワールドセーリングは、世界中のアスリート、セーリングファン、⼤会運営スタッフや関係者の健康と安全確保を第⼀に考え、誠に残念ながら本⼤会を中⽌することに合意いたしました。しかしまた同時に、世界のセーラーの期待に応えるべく、両者が協⼒して来年のオリンピック前に、江の島で⼤規模な国際レースを開催するよう努⼒することで⼀致しました。

 

 当初のスケジュールより延期されることとなりましたが、江の島の海に幾つもの⽇の丸を掲げ、⽇本でのオリンピックは素晴らしかったと⾔っていただけるような運営を⾏いたいという、当連盟の思いはいささかも変わっておりません。

本⼤会に向けて地元⾃治体、スポンサー各社、マスコミ各社、多くのボランティアの⽅々、そして会員の皆様からこれまで厚いご⽀援いただいて参りました。来年に予定される国際⼤会を含めオリンピックまでもう1 年、引き続き当連盟の活動にご理解を頂き、⼀⼈でも多くの⽅々のご⽀援を賜りますよう改めてお願い申し上げます。

 

 最後に、罹患されている皆様の⼀⽇も早いご快復をお祈りするとともに、新型コロナウイルスと対峙して戦っていらっしゃる医療関係はじめすべての皆様に⼼より感謝を申し上げます。

 

2020 年4 ⽉2 ⽇

公益財団法⼈ ⽇本セーリング連盟

会⻑ 河野 博⽂