川口市で行われた自動運転バスの実証実験におけるソフトウェア開発支援について

株式会社システナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:三浦 賢治、以下「システナ」)は、SBドライブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:佐治友基、以下「SBドライブ様」)から業務の一部を受託し、2020年2月25日~2月28日、川口市で行われた公道での走行実証実験で用いられた自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)※」のソフトウェア開発支援を行いました。また、複数の車両を制御し、Dispatcherと連携するためのソフトウェア(ライブラリ)の開発についても支援を行いました。

今回の実験では、地震の発生を想定したシステムの検証も行われました。地震発生時に揺れが到達する前に車両を減速・停止させるシステムの検証の他、歩行者がボタンを押した時にだけ歩行者用信号が青になる押しボタン式信号機と車両を連携させる検証などが行われました。

システナは車載ソフトウェア開発の経験を活用し、実証実験に使用されたバスの通信制御などの開発と導入の支援を行いました。今後も、システナはSBドライブ様のご支援を通じて、自動運転システムの発展に貢献してまいります。

 SBドライブ様の自動運転車両運行管理プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」とは、自動運転車両の遠隔運行管理を行えるプラットフォームです。