あおぞらクリニック、世界で最も多い性病「トリコモナス症」の遺伝子検査を開始 最短で4時間*で検査結果を提供

あおぞらクリニック(所在地:東京都港区、院長:内田 千秋)は、同クリニック内に「性病遺伝子検査機器」を導入し、世界で最も多い性病のトリコモナス症の高精度・短時間の遺伝子検査を開始しました。従来は2日~1週間の検査期間を要していましたが、遺伝子検査機器によって、最短4時間*で検査結果を提供することが可能となります。(*当日の検査状況によって提供時間が異なる場合があります。)

あおぞら遺伝子検査ラボ

■世界で最も多い性病のトリコモナス症。国内では実態は十分に把握されていない。

世界保健機関(WHO)は2019年6月、世界で毎日約100万人が新たに性感染症に感染していると発表しました。性感染症と言えば、クラミジア感染症や淋病のイメージが強いですが、肉眼では見ることのできない原虫が性器内に入り込み炎症を起こす「トリコモナス症」の感染が最も多く、世界で1億5,600万人が感染していると言われています。日本国内においてトリコモナス症は、感染症発生動向調査の対象から除外されており、実態は十分に把握できていない状況ですが、感染者は約7万~700万人と推定されています。

■タオルや浴槽でも感染!幼児感染の危険性も。

トリコモナス症は、腟トリコモナスという原虫によって腟や尿道に起こる性感染症で、感染経路は性行為だけではなく、下着やタオル、便器や浴槽などを介して、性行為の経験のない女性や幼児にも感染する場合があります。女性がトリコモナス症に感染すると、陰部におりものや臭い、痛みが生じ、最悪の場合は炎症が卵管まで進み、早産や流産、不妊症を招く可能性もあります。男性の場合は自覚症状がないまま、前立腺や精のうにトリコモナス原虫が棲息することで、前立腺炎や前立腺癌のリスクを高めるといわれています。

■パートナー間で繰り返す「ピンポン感染」。パートナーともに検査・治療を!

女性が治療をして完治しても男性の症状が現れにくいため、パートナー間で感染を交互に繰り返す「ピンポン感染」の危険性があります。もし、トリコモナス症と診断された場合は、感染を繰り返さないために、パートナーの方にも打ち明けて、一緒に検査・治療を行うことが重要です。

■これまでの検査方法では原虫を検出できない場合も。検査結果は2日~1週間必要。

代表的なトリコモナス症の検査方法である顕微鏡検査や培養検査は、患者の分泌物を顕微鏡で観察し、腟トリコモナスの原虫の有無を検出します。この検査では、分泌物に含まれる原虫が少ないと検出できない、培養検査の場合は3日~1週間を要してしまいます。遺伝子検査(SDA法 / PCR法)の場合は、検出精度は高いものの、遺伝子検査機器を導入している機関に委託するため、検査結果は2日~1週間を要します。

■クリニック内に性病遺伝子検査機器を導入。検査結果は最短4時間*

これまでの検査では結果を得るまでに、2日~1週間を要していたため、患者さんからは結果が出るまで毎日が不安、仕事が手につかないという声もあがっていました。あおぞらクリニックでは、お客様に「1日も早く安心を提供したい」という思いから、あおぞら遺伝子検査ラボを立ち上げ、「性病遺伝子検査機器」を導入し、クリニック内でトリコモナス症の高精度・短時間の遺伝子検査を実施、最短4時間*で検査結果の提供が可能になりました。(*当日の検査状況によって提供時間が異なる場合があります。)

■あおぞらクリニック

あおぞらクリニックは、即日精密検査や匿名診療、自由診療(保険適用外)、男女別診察性感染症専門クリニックとして、新橋院、新宿院を展開しています。HIV、クラミジア、梅毒、淋病、トリコモナスなどの性病、ED治療、精液検査に対応。グループ会社のあおぞら研究所( https://seibyou.net )では、ネットで購入することができる性病検査キット「おもいやりキット」を販売しています。

■概要

医院 : あおぞらクリニック

院長 : 内田 千秋

サイト: https://www.aozoracl.com

<新橋院>

東京都港区新橋2丁目16-1

ニュー新橋ビル3階 330(男性)339(女性)(新橋駅日比谷口から徒歩0分)

平日 11:00~14:30 / 16:00~20:00

土日祝日 9:30~13:30 / 14:30~18:00

<新宿院>

新宿区新宿3丁目18-1しんじゅく一色ビル6階(新宿駅東口から徒歩1分)

平日祝日 11:00~14:30 / 16:00~20:00

土日休診