2020年シーズン!アウェイグッズ第一弾が登場!応援グッズの必須アイテム「タオルマフラー」発売決定

大分トリニータを運営する株式会社大分フットボールクラブのマーケティング子会社である「株式会社トリニータマーケティング」(本社:大分県大分市、代表取締役 山﨑 蓮)は、2020年アウェイグッズ第一弾となる「タオルマフラー」を2020年2月16日(日)より販売いたします。

 昨シーズン、アウェイスタジアムにお越しのファンの皆さまにより一層楽しんでいただくために、「アウェイグッズ」の企画・制作をスタートしました。今シーズンは商品ラインナップを拡充し、アウェイ会場に加えて、ECサイト上でも販売いたします。

 第一弾となるタオルマフラーのデザインは、2020年シーズンユニフォームの三角形を組み合わせた幾何学的パターンをモチーフとしています。今シーズンも大分トリニータを盛り上げ、皆様のライフスタイル全体を豊かにする商品展開を目指し、様々な商品を販売していく予定です。

■商品概要
【名  称】 タオルマフラー
【販売場所】 2020年2月16日(日) @Shonan BMW スタジアム平塚
他2020年シーズンのアウェイ戦で販売予定                                     
【価  格】 2,000円

■株式会社トリニータマーケティングについて
株式会社トリニータマーケティングは令和元年、株式会社大分フットボールクラブから独立したマーケティング専門会社として設立しました。業務の専門性と機動性を高め、大分トリニータにおけるファンベース構築、クリエイティビティの向上、デジタル化、パートナーシップの強化を担っています。同時にマーケティングの専門性を地域に還元するため、大分の企業に対してのマーケティング支援も行っています。

■会社概要
社名:株式会社トリニータマーケティング
本店所在地:大分県大分市大字横尾1629番地
設立日:令和元年12月3日
資本金等:9,000,000円
株主:株式会社大分フットボールクラブ 100%
代表者:代表取締役 山﨑 蓮
事業内容:インターネットを利用したマーケティング及びそのコンサルティング