白内障手術の技術的進歩に伴って、手術を日帰りで行うことが一般的になってきました。近年では、患者さんのご希望で両眼同時の手術も多く行われるようになり、忙しいビジネスマンの方を中心に、ポピュラーになりつつあります。

日帰り手術が可能になった理由

21世紀に入ったばかりのころ、白内障手術は入院して受けるのが一般的でした。

それが現在では日帰り手術が一般的になりつつあります。それは白内障手術が、患者さんの負担が少なくなるように進化を遂げたからです。

以前は角膜を大きく切開したため合併症のリスクが高かった