ラグビーオーストラリア代表‘ワラビーズ’を応援!特急ロマンスカー・VSEを装飾、「ワラビーズ号」として運行

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、社長:星野 晃司)は、2019年9月10日(火)から11月3日(日)まで、特急ロマンスカー・VSE(50000形)を装飾し、「ワラビーズ号」として運行します。
これは、本年4月に締結したラグビーオーストラリア(協会本部:オーストラリア ニューサウスウェールズ州 シドニー 協会長:レイリーン・カッスル)とのラグビーオーストラリア代表(愛称:ワラビーズ)の応援を目的としたメジャーパートナーシップ契約に基づいて実施するものです。

「ワラビーズ号」外観(イメージ) 「ワラビーズ号」外観(イメージ) 

 

VSEの車体にワラビーズのロゴステッカーを掲出するほか、運行初日と期間中のワラビーズ公式試合実施日には、車内座席のヘッドカバーを特別応援仕様にします。
また、ワラビーズ号の運行にあわせて、新宿や小田原でワラビーズとコラボレーションした駅構内装飾などを実施するほか、9月7日(土)から限定1,500セットの「ワラビーズ歓迎記念乗車券」を発売します。さらに、乗務員や駅係員が特製ピンバッジを着用するなど、小田急沿線全体でワラビーズの来日を歓迎し、盛り上げていきます。
ワラビーズは、2019年9月に小田原市の城山陸上競技場で事前キャンプを実施します。本施策を通じて、沿線の小田原から世界の頂を目指すワラビーズを地域と一体となって応援する機運の醸成を図ります。また、日本を訪れる世界中のワラビーズサポーターに、小田原や箱根に代表される沿線の魅力を発信していきます。

「ワラビーズ号」車内(イメージ)「ワラビーズ号」車内(イメージ)

特急ロマンスカー「ワラビーズ号」の運行と、その他のワラビーズ応援施策の詳細は、下記のとおりです。

1 特急ロマンスカー「ワラビーズ号」の運行
(1)名称 
ワラビーズ号 (英語:Wallabies Go)
(2)運行日時 
2019年9月10日(火)~11月3日(日)
※定期点検等のため、運行しない日もございます
(3)対象列車 
特急ロマンスカー・VSE(50000形) 1編成
(4)予約・発売 
ご乗車日の1カ月前の10:00から開始
(5)内容 
①ステッカーの掲出
車体にワラビーズのロゴステッカーを掲出して運行します。
②特製ヘッドカバー
運行初日(9月10日)と、ワラビーズの試合実施日(9月21日、29日、10月5日、11日)に、VSE車内の座席ヘッドカバーをワラビーズ応援仕様に変更して運行します。
※実施日は変更の可能性があります
(6)その他
・「ワラビーズ号」の運行予定は小田急電鉄ホームページ「ロマンスカー」からご確認いただけます
URL https://www.odakyu.jp/romancecar/
・特急料金、行路は通常運行時と変更ありません

2 駅や車両等における装飾・告知
(1)期間 
2019年8月24日(土)~11月3日(日)
※場所によって異なります
(2)場所 
①新宿駅
地上ホームフラッグ、ホームドア ほか近隣の商業施設
②小田原駅
改札内コンコース(フラッグ、顔出しパネル)など
③通勤車両
中吊りポスター

小田原駅 顔出しパネル(イメージ)小田原駅 顔出しパネル(イメージ)

3 「ワラビーズ歓迎記念乗車券」の発売
(1)名称 
ワラビーズ歓迎記念乗車券
(2)発売日 
2019年9月7日(土)~9月30日(月)
初日は6:30から発売開始
(3)発売箇所 
①新宿駅(西口地上特急券売場)
②小田原駅
(4)内容 
新宿駅、小田原駅からの各500円区間 普通乗車券(D型硬券各1枚)
乗車券は、2019年10月31日(木)まで1回限り有効
※ワラビーズが小田原市で事前キャンプすることを記念し、小田原駅でのご購入者限定で、特製ピンバッジをプレゼントします
(5)限定数 
1,500セット(新宿駅 1,000セット、小田原駅 500セット)
※各駅なくなり次第終了、お一人さま3セットまでの発売
(6)価格 
1,000円(税込)

4 乗務員・駅係員による応援ピンバッジの着用
(1)期間 
2019年9月7日(土)~11月3日(日)
(2)内容  
すべての乗務員や駅係員が特製ピンバッジをつけ、ワラビーズの来日を歓迎し、沿線全体を盛り上げます。

5 お問い合わせ 
小田急お客さまセンター
TEL 044-299-8200
(9:00~19:00 年中無休)
※特急券のご予約は、10:00~18:00となります

【参考】オーストラリアにおける観光プロモーションの業務委託事務所の開設について
ワラビーズとのメジャーパートナーシップ契約締結を契機に、2019年7月1日(月)、オーストラリアにおける小田急沿線観光地や小田急グループ施設の認知拡大を目的として、オーストラリア・シドニーに観光プロモーションの業務委託事務所を開設しました。観光プロモーションの業務委託事務所としては、中国、台湾、ベトナム、インドネシアに続く5箇所目の開設(タイ、フランスには駐在員事務所を設置)となります。現地旅行代理店・メディアに向けた沿線の魅力や当社商品の情報提供、現地における情報収集などを通じて、小田急沿線観光地および小田急グループ施設への誘客を推進していきます。

以上